相関係数Jr(CorrelationInfo.zip)

トレードする時に
最近特に気に入っているのが相関係数です。
相関も逆相関もトレードにはとても有効に思います。

これまで使ってきた相関係数一覧が
1枚目の画像で水平線
相関係数トレードのブログです。
http://goo.gl/8jghdb

今までの相関係数一覧では
数字が一杯あって目当ての通貨ペアを探すのに時間がかかったり
リアルタイムで確認する事に不便でした。
そこで今回紹介するインジケーターです。
「相関係数Jr」と言います。( ^ ^ )/

2枚目の画像です
USD/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。

5分足チャートの右下に表示させているのが「相関係数Jr」です。
USD/JPYチャートに
EUR/USD・GBP/USD・EUR/JPY・GBP/JPY夫々との相関係数を表示させる事が可能です。
通貨ペアを変える事や
表示位置の変更、文字サイズの変更、色の変更が可能です。

USD/JPYとEUR/USDの相関係数は-0.88です。
逆相関状態です。
USD/JPYが下落すれば
EUR/USDが上昇する関係です。

ギャップアップで始まりましたので
窓埋めを狙ってSellエントリーしました。
赤色四角部分です。

3枚目の画像が、その後のチャートです。
USD/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。

エントリー後は一気に下落してくれました。
「ザ・節目(売り買い拮抗ポイント)」1時間足水平線で撤退です。
b1水平線で利食いしました。

その時の逆相関のEUR/USDですが
続きはブログで確認して下さい。m(__)m
http://goo.gl/LNNv9V

逆相関を利用したトレードや
相関を使って合成通貨ペアの特性を考えて
EUR/JPYやGBP/JPYと言ったクロス円のトレードに役立ちます。

情報量は少ないのですが
リアルタイムで相関係数が確認出来るのは強みです。( ^ ^ )/

「相関係数Jr」のブログはこちら
http://goo.gl/LNNv9V

商品代金をカートに入れて決済頂きますと
インジケーターをダウンロード出来ます。

■注意事項■
当インジケーターは、全ての利益を保証するものではありません。
また、投資判断についての助言も一切行いません。
当インジケーターによる如何なる損害に対しても当方は一切責任を負いません。
全て自己責任で行って下さい。
また、入手されたインジケーターを再販・配布は厳禁とします。

¥ 1,999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(27280 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。