鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ「順張り(トレンドフォロー)」(Trendfollow.zip)

鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ第三弾
「順張り(トレンドフォロー)」

FXの書籍等では順張り(トレンドフォロー)を一番に薦めています。
トレード手法の王道的な存在の順張り(トレンドフォロー)ですが
順張り(トレンドフォロー)でいつも勝てる訳ではありませんよね・・・

この辺りが押目・戻りかな~って思ってエントリーしても
直ぐにストップロスに引っかかってしまったり・・・
押目・戻りを待っていてもローソク足はぐんぐん伸びて行って
結局エントリー出来なかったり・・・

押目・戻りポイントが分からなかったり、
トレンド発生中に揉み合いかって思ったらトレンド継続だったりと
簡単そうで結構難しいのが現実です。^^;

しかし
順張り(トレンドフォロー)の特性を掴む事で確率が上がってくれます。
押目・戻りポイントを理解出来ると確率が上がってくれます。
トレンド発生中の揉み合い局面を対処出来れば確率が上がってくれます。
更に
思惑が外れた時の対処方法を修得する事で
トレードの質を改善する事が可能になってくれます。

一番手堅い順張り(トレンドフォロー)手法ですが
この手法で勝てない方が結構おられます。
一言で順張り(トレンドフォロー)と言っても
色々な順張り(トレンドフォロー)パターンがあります。
このパターン(特性)毎にトレード手法を使いこなさないと
王道的な順張り(トレンドフォロー)も有効に機能してくれません。
今回のマニュアルでは
順張り(トレンドフォロー)の特性を確り把握出来る様に纏めました。

PDF65頁のマニュアルです。

マニュアルの内容ですが

■Ⅰ はじめに                       

■Ⅱ チャート解説                     

■Ⅲ トレンド発生中の押目・戻り              
    1 浅い押目・戻りパターン             
    2 普通の押目・戻りパターン            
    3 深い押目・戻りパターン             
    
■Ⅳ トレンド発生中の揉み合い局面             
    1 三角保ち合い                  
    2 上昇フラッグ                  
    3 下落フラッグ                  

■Ⅴ トレンド発生時の応用編                
    1 トレンドラインブレイクと移動平均線(MA)    
    2 水平線ブレイクと移動平均線(MA)        

■Ⅵ 思惑が外れた時の対処方法               

■Ⅶ 終わりに                       

鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ「順張り(トレンドフォロー)」のブログはこちら
http://goo.gl/WF7GUj

本マニュアルに限らず
当方より各種教材・各種商材をお求め頂いた方に
Skypeでフォローさせて頂いております。
何なりとお申し付け下さい。
各種教材・各種商材に関するSkypeでのフォローは
勿論無料ですし、バックエンドと言った商材も一切御座いませんのでご安心下さい。( ^ ^ )/

商品をカートに入れて決済頂きますと
PDFをダウンロード出来ます。

■注意事項■
当マニュアルは、全ての利益を保証するものではありません。
また、投資判断についての助言も一切行いません。
当マニュアルによる如何なる損害に対しても当方は一切責任を負いません。
全て自己責任で行って下さい。
また、入手されたマニュアルを再販・配布は厳禁とします。

¥ 2,999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(7727988 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。