鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ「高確率のドテンエントリー」(Doten.zip)

鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ第四弾
「高確率のドテンエントリー」

相場はランダムウォークと言われます。
いつでも思惑通りには進んでくれません。
どんなトレード手法でも
確率は100%ではありませんので
思惑と違った時の対処方法を準備していないと
簡単に損切になってしまいトレードが終了してしまいます。

更に損切の連続になると心が萎えてしまいます。
メンタルが崩れるとトレード手法自体の信頼性が揺らいでしまいます。
この状態が一番辛い局面です。
負のスパイラルに陥ってしまうパターンです。
いわゆる聖杯探しの旅が始まってしまいます。(→o←)

ドテンエントリーって聞くと
「往復ビンタを食らいそうで怖い・・・」って方がおられます。
この様な方の共通点は
渾身のエントリーポイントを探そうと一生懸命になり
ここぞってポイントでエントリーされますので
目線の切り替えが遅い傾向にあります。
判断が遅れて往復ビンタになるケースが多いように思います。

結局ポジションの切り替えが遅れた事で
損切の連続になって心が折れてしまって
エントリーを躊躇した途端にトレンド発生して乗り遅れるパターンです。
「あ~あそこでエントリーしていれば・・・・」
後悔先に立たずって感じですね。^^;

自分もトレードにあたっては複数のトレード手法を活用しておりますが
どのトレード手法でも思惑が外れる事があります。
そのトレード手法を組み合わせる事で確率が上昇してくれますが
これがドテンエントリーの実体です。

例えば
Aと言うトレード手法でBuyエントリーしても
Bと言うトレード手法のパターンになった時には
AのBuyポジションを微益・微損で撤退して
Bと言うトレード手法でSellドテンエントリーに切り替えって感じです。
トレード手法の切り替えが、目線の切り替えで
ドテンエントリーの本来の姿になります。

これまでのマニュアルでも
思惑と違った対処方法を解説してまいりましたが
今回のマニュアルでは
損切を最小限にして、高確率で利食いが出来るドテンエントリーを題材にいたしました。
ドテンエントリーの判断根拠毎に
実際にトレードしたチャート画像で解説いたしました。
あくまでも個人の感想ですが
自分はドテンエントリーが出来る様になって
トレードが安定して来ました。
もう聖杯探しの旅には出ません。( ^ ^ )/

PDF62頁のマニュアルです。

マニュアルの内容ですが

■Ⅰ 始めに                           

■Ⅱ チャート解説                        


■Ⅲ トレードパターン(ドテンエントリーの判断根拠)       

   1 トレンドラインブレイク                 
   
   2 安値切り上げ・高値切り下げ               
   
   3 節目ポイント(レジスタンスライン・サポートライン)   
   
   4 下げ渋り・上げ渋り                   
   
   5 複数の切り替え                     
   
■Ⅳ 終わりに                         

鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ「高確率のドテンエントリー」のブログはこちら
http://goo.gl/W24ViK

本マニュアルに限らず
当方より各種教材・各種商材をお求め頂いた方に
Skypeでフォローさせて頂いております。
何なりとお申し付け下さい。
各種教材・各種商材に関するSkypeでのフォローは
勿論無料ですし、バックエンドと言った商材も一切御座いませんのでご安心下さい。( ^ ^ )/

商品をカートに入れて決済頂きますと
PDFをダウンロード出来ます。

■注意事項■
当マニュアルは、全ての利益を保証するものではありません。
また、投資判断についての助言も一切行いません。
当マニュアルによる如何なる損害に対しても当方は一切責任を負いません。
全て自己責任で行って下さい。
また、入手されたマニュアルを再販・配布は厳禁とします。

¥ 2,999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(7380861 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。