ギャップトレードの簡単ルール(窓埋め確率は何%あるのか?)(GapTrade.zip)

「ギャップトレードの簡単ルール」

今回は「ギャップトレード」です。
ギャップとは、いわゆる「窓開け」のことであるのはご存じと思います。

FXでは先週末の終値から離れた位置で始値がスタートする事ですね。
為替相場では月曜日の早朝に発生するパターンです。

先週末の終値から
上方向に窓を開ける事を「ギャップアップ」、
下方向に窓を開ける事を「ギャップダウン」ともいいます。

ネットで調べてみると・・・
------------------------------------------------------------

このギャップには4種類あるといわれています。

1.コモンギャップ(Common Gap)
 ・市場が非常に薄い状態のときや持合のときにしばしば発生。
 ・少ないオーダーでも値が飛んでしまうときによく見られる。
 ・割とすぐ埋められることが多い。
 ・あまり重視されないことが多い。

2.ブレイクアウェイギャップ(Breakaway Gap)
 ・重要なチャートパターンのあとによく見られる。  
  (ヘッドアンドショルダーのネックラインや
   サポート・レジスタンスのブレイク時など)
 ・通常埋められないことが多く、埋められたように見えて
  また同じ方向にトレンドが再開することも多い。
 ・ギャップそのものがレジスタンスやサポートのゾーンと
  なりやすい。

3.ランナウェイギャップ(Runaway Gap)
 ・ある程度相場が動いたあとによく見られる。
 ・調整局面ではレジスタンスやサポートとなりやすい。
 ・このギャップが埋められるとトレンド転換の兆候となる。
 ・トレンドの中間地点で見られることが多いとされている。

4.エグゾースションギャップ(Exhaustion Gap)
 ・トレンドの最終段階で現れることがある。
 ・先立ってブレイクアウェイギャップとランナウェイギャップが
  出現していることが多い。
 ・通常は短期間でギャップが埋められ、
  トレンドが反転するサインとなることが多い。

------------------------------------------------------------

何か難しいな~って感じです。^^;
自分は頭が悪いので
こんなに難しく考えずに
素直にギャップトレードの簡単ルールが出来ないのか~
って事で纏めて見ました。
実際にギャップ局面でトレードしたチャートを使っての解説です。
ギャップトレードに特化したマニュアルです。( ^ ^ )/


PDF62頁のマニュアルです。

マニュアルの内容ですが

■01 ギャップが発生する要因            

■02 ギャップ発生時の市場参加者の心理?      

■03 窓埋め確率は何%あるのか?          

■04 窓埋め完了後のトレード方法とは?       

■05 窓埋めしない時の対処方法は?         

「ギャップトレードの簡単ルール」のブログはこちら
http://goo.gl/EckOBJ

本マニュアルに限らず
当方より各種教材・各種商材をお求め頂いた方に
Skypeでフォローさせて頂いております。
何なりとお申し付け下さい。
各種教材・各種商材に関するSkypeでのフォローは
勿論無料ですし、バックエンドと言った商材も一切御座いませんのでご安心下さい。( ^ ^ )/

¥ 2,999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(6130983 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。