【動画】鉄板パターンシリーズ「レンジ相場の対処法Part3」(SqueezeExpansionPart3.zip)

今回の動画は鉄板パターンシリーズの第二弾です。
一つの鉄板パターンを深掘りして徹底解説を行ってまいります。
第二弾の内容は「レンジ相場の対処法(スクイーズ&エクスパンション)」です。

FX相場では
レンジ7割、トレンド3割と言われるように
レンジ局面の方が圧倒的に多い時間帯として出現します。

レンジ局面って
「ボラティリティ低いな~」
「全然動かなくてエントリーが出来ない~」
普通はこの様に考えがちですが
トレンド局面が永遠に続かない様に
レンジ局面も何処かでエクスパンション(トレンド発生)してくれます。

別の言い方をすると
エクスパンション(トレンド発生)前のチャンス局面だと言えます。
スクイーズ(レンジ)&エクスパンション(トレンド発生)を修得すれば
トレンド発生の初動を捉える事が可能になり
後から参戦してくるトレーダーが
私達のポジションに大きな利益をもたらしてくれます。

チャートを開いた時に
「うわ~レンジ局面だ~(→o←)」って思うのか?
それとも
「トレンド発生の初動を狙えるチャンスだ~」って思うのか?
この差は大きいと思いませんか?( ^ ^ )/

スクイーズ&エクスパンションも理(ことわり)を持って対処出来れば
高勝率のトレード手法になってくれます。

レンジ局面と言っても訳の分からない所で揉み合いになるケースは少なくて
レンジになるポイントが存在しています。
そのポイントの事を確りと把握する事で
レンジ相場の対処法が可能になって来ます。( ^ ^ )/

今回の動画は
鉄板パターンシリーズ「レンジ相場対処法Part3」
(トレンド転換時のレンジ相場対処法)になります。

鉄板パターンシリーズ「レンジ相場対処法」のブログはこちら
http://goo.gl/8m1irA

¥ 999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(239609759 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。