真実のトレンドを見つける為に(MAStrength.ZIP)


トレンド発生か~って思ってエントリーしたのに
僅かの動きでレンジに後戻りってよくありますよね・・・(;^ω^)

トレンド転換パターンは短期足から始まりますので
上位足に逆らってトレードする事は悪い判断ではありませんが
その辺りを上手く切り抜ける為にはそれなりのスキルが必要です。

FXでまだ思う程勝てていない方にとっては
上位足のトレンドに沿った方向感でエントリーする方が無難です。
今回はそんなインジケーターの紹介です。

二番目の画像をご覧下さい。
上記の画像でチャート左上に表示しているのが今回のインジケーターです。
白色のバックの部分です。
インジケーターの各部分の説明です。
左側の縦に通貨ペアを表示しています。
この通貨ペアの文字の部分をクリックすると
クリックした通貨ペアにチャートが変わります。

横軸の上の部分にM5・M15・H1・H4の各時間足が表示されてます。
つまり各通貨ペアの各時間足での情報を得られるって事で
得られる情報はトレンドの方向及び強弱になります。

上昇トレンドは青色系で、正数で表示されて数値が大きい方が強い上昇トレンドです。
下落トレンドは赤色系で、負の数で表示されて数値が大きい方が強い下落トレンドです
文章で書くとややこしいですが分りますよね・・・(;^ω^)

三番目の画像をご覧下さい。
今回のインジケーターを使ってのトレードの流れを説明して行きます。
①USD/JPYの数値を見ると全時間足で負の数値(マイナス表記)になっている状況です
②裁量判断としてダウ理論やグランビルの法則を確認してSellエントリーです。

四番目の画像をご覧下さい。
その後のチャートです。
③USD/JPYの各時間足の数値が拡大している事が分かります。
④エントリー直後は揉み合いましたが15分足MA(緑色のMA)に頭を抑えられて
その後は上手く下落してくれました。
上位足とトレンドが揃った所でエントリーすれば確率は高いって事ですね。

五番目の画像をご覧下さい。
通貨ペアの数は滋養に変えられます。
上記の画像は7通貨ペアから11通貨ペアに増やしてみました。

六番目の画像をご覧下さい。
上記の画像は11通貨ペアから21通貨ペアに増やしてみました。

七番目の画像をご覧下さい。
パラメーター画像です
パラメーターの2段目で表示させたい通貨ペアを変えられます。
コピー防止の為にweb認証を取り入れておりますので
お使いになる際はログインID(口座番号)とメールアドレスをお知らせ下さい。

各時間足を把握する事で大きなアドバンテージを得られますので
裁量判断の後押しにお使い頂けます。

当サイトで決済して頂いた後にログインID(口座番号)・メールアドレスをお知らせ下さい。
ログインID(口座番号)・メールアドレス登録してインジケーターをお渡しいたします。
「真実のトレンドを見つける為に」のブログはこちら
http://thinksystems.lolipop.jp/wp/fx/2019/05/26/post-27550/
------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------

¥ 9,999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(20759 バイト)

通報する