フィルターアレンジサイン(indicatorarrowsv2.zip)

MACDとADxが揃ったらエントリーとか、
RSIとストキャスが揃ったらエントリーって感じで
トレードされている方も沢山おられると思います。
エントリーの精度を上げる為のフィルター機能としての組合せですよね。

これらのフィルター機能を自在に組み合わせる事が出来たら?
フィルターをかけてサインを精査する事が出来たら?
これが出来たらトレードでアドバンテージを得る事が出来ます。( ^ ^ )/

今回は
・MA
・MACD
・OsMA
・ストキャスティクス
・RSI
・CCI
・RVI
・ADX
・ボリンジャーバンド
以上の9種類のフィルター機能を組込みました。
これらの組合せは45パターンにもなります。
更には各フィルターには詳細設定が可能ですから
その組合せのパターンは・・・・
計算出来ませんがとんでもなく沢山のパターンのフィルターが可能になります。( ^ ^ )/

二番目の画像をご覧下さい。
USD/JPY5分足チャートです。
デフォルトではこんな感じでサインが点灯します。
方向感は間違っていませんが
やっぱりサイン点灯の数が多すぎますよね。(→o←)
これにフィルターを加えてみます。
次のチャート画像をご覧下さい。

三番目の画像をご覧下さい。
USD/JPY5分足チャートです。
このチャートでは
9種類の内の2種類のフィルターをONにしてみました。
良い感じでBuyサイン・Sellサインに精査してくれています。
もともと方向感は合っているのですが
惑わすサインは綺麗に精査してくれてます。

四番目の画像をご覧下さい。
パラメーター画像です。
上段は9種類のフィルター機能のON/OFFが出来ます。
中段では各フィルター機能の詳細設定が可能です。
下段ではアラーム&メール機能の設定が可能です。

トレンド発生時やトレンド転換時のフィルターとして、
或いはレンジ局面でのフィルター機能として
裁量判断の後押しにお使い下さい。( ^ ^ )/

「フィルターアレンジサイン」のブログはこちら
https://goo.gl/mTA3Tp

¥ 2,999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(51980 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。